石垣のある公園の桜の下

  • 2017.04.16 Sunday
  • 16:20


というわけで、
4/8に行ってきました、津山。
前回の訪問は秋だったな。
→それは今もそこに

てか私、津山訪問の記事、
毎回書いてるわけじゃないんだな。
書いてる気になっていた…。

大体、我々が津山に行くと天気が悪く、
(邪念がそうさせるのか?)
この日も予報は雨。
だったんだけど、帰るまでもってくれて
傘を使わなくてよかったのは助かった。
かなり蒸し暑かったけどね。

相変わらず写真がド下手な上に
画質悪いけど、残しておきます。
あまりにも暗かったので、
彩度と明度をちょっとレタッチした。
加工ありきのiPhoneアプリと
Photoshopで全然タッチが違うっていうね。
黄色っぽいのがiPhoneアプリかな。

IMG_2532.JPG

IMG_2485.JPG

IMG_2528.JPG

IMG_2522.JPG

IMG_2499.JPG

IMG_2496.JPG

IMG_2495.JPG


ホルモンうどんすごく並んでた。
お兄さんはいなかったけど、
ローカルTVで見たことあるおじさんがいた。
確か稲さんをひろしと呼んでいたあの方。

IMG_2502.JPG


IMG_2505.JPG

IMG_2513.JPG

IMG_2515.JPG

IMG_2516.JPG

IMG_2517.JPG


相変わらず鶴山公園の桜は美しかった。
山から見下ろしたら絨毯を敷き詰めたような
ピンクが素晴らしく可愛いんだけど、
やったこともないのにパノラマ撮ったら
こんなド下手くそな仕上がりになった。
伝わらない…。
なお端に写っているのは
enブレラを持った友人のチョモさん。
この写真を見てせせら笑っていた。
動画も撮ったんだけどね…下手くそ過ぎる。




もちろん、稲ケショにも行きました。

IMG_2534.JPG

着いたのが17時30分とかで(18時閉店)、
アルバムも新しい所しか見られなかったけども。

入り口にも飾ってあるコートを着た写真、
コートはパパの形見分けだとのこと。
パパに似てきたなあって改めて思った。


地元の友人やフォロワーさんによると、
私の行った数日後に
稲葉さんが帰ってきてたそうで。
(日付入りのメッセージ色紙があるそうです)
パパの一周忌だな…と
ふっと考えていたところだったんだよね。

稲葉さんが、静かにお父様を送れてよかった。
こういったことも言っていたそうで。
久々に桜が見られたのかな。

私も、今年も鶴山の桜が見られて嬉しかった。
来年も見られるといいな。

去年から、photographを思い浮かべると
情景があまりにも…同じで。
胸がズキズキ痛んでしまう。
どうしようもないヲタクだな。



ママは相変わらずお元気そうで安心した。
それにしても、はじめてお会いしてから
10年は経ったんだけど、
全く変わっていない気がする…。
資生堂が凄いのか。
それとも脅威の遺伝子なのか。

ママが稲葉さんと同じ
ネックレス(これね)をしていたので、
勇気を出して
「そのネックレス!お似合いです」
って声をかけたら、
「そう?うちの子が作ってくれたんよ」
と答えてくれた。
「お揃いを付けていると一緒にいるみたいで寂しくないですね」
と言ってみたら、
「そう?そりゃ嬉しいな!」
って本当に嬉しそうに返してくれた。
(返事のニュアンス的に、私自身が稲葉さんと一緒にいるみたい♥
って言ったと思われてるかもしれないけどw)


その日は強靭なヲタというか
稲ケショ常連さんが多数居て、
ママ以外に3人ぐらい
そのネックレスをしていたのでw、
ママ「今日は、ようけしとる人おるよなあ。
(訳:今日はこれを付けている人が沢山いるでしょ)
うちの子がいつも付けとるからなあ」って。

あと、我々共通のフォロワーさんが
ほんのちょっと前まで居た事が
フォロワーさん本人のイラストから明らかになって、
ママが突然
「さっき彼と撮った写真あるよ!
ほら!ちょっと!
ちょっとおにいさん!写真出して!」
って、津山の友人ちょーじさんに
自分のスマホを突き出して
カメラロールをめくり始めて
こっちが
「あっ大丈夫ですか写真…!」
って焦ったよねw
見せてまずいのは隠してると思うけどw

その時すでに閉店を5分以上過ぎていて、
さらに常連さん達が
ママと写真撮ろうと盛り上がっていたので、
長居してすみませんって逃げるように帰った。
だからまた写真撮れてない…(;∀;)
自分の写真見るの大嫌いなので、
ママの写真だけ撮らせて欲しい(変態か)

てかね、沢山買えるなら堂々と行くんだけどね…。
こちらのメーカーさんがことごとく合わない残念肌…。
次回はぜひ、買えるものをサンプルで何とか探してw
がっつり買ってもっとお話したいと思います。
(念のため、別にママに買え買え言われるわけじゃないよ。
だけど化粧品店に長々滞在するわけだからね)

そして徒歩5分のところにある、
B'z全面推しのブックセンターコスモ。
恒例の巨大パネル、
今は予想通りen靴肇船礇咫爾世辰拭

IMG_2567.JPG

前回も書いたけど、この巨大パネルは
単にジャケ写を引き伸ばしたのではなく
どうやら元データのようで、
アー写ジャケ写では見えないものがくっきり見える。
大きさで言うとこれぐらい(比較対象CDジャケット)

IMG_2568.JPG

IMG_2572.JPG
なので、日頃見えない
手の甲の毛らしきものも
毛穴もほくろも見えるわけです最高。最高。

IMG_2573.JPG

毛穴とほくろでひとしきり騒いで
ちょーじさんにいつも通り引かれた後は、
別に津山じゃなくても行ける行きつけの店に行って
ダラダラとフキアレましたとさ。
ベクトルの合うヲタ友って最高だな。
B'zライジング出演おめでとう!
サマソニにも出てくれ頼む!!(どさくさ)

纏まりもないただの日記を
最後まで読んでくださってありがとうございました。

0

    INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” WOWOW放送

    • 2017.03.26 Sunday
    • 14:07


    ちなみに本編感想はこちら。

    想像以上に映像"作品"になっていて、
    撮って出しかな?と予想していたので
    ありがたさしかなかった。

    相変わらず下半身からの容赦ないナメ
    歌詞に合わせて実像ではなくシルエットを映す時点で、
    B'z側のカメラマンなんだなと思ったけど。

    当日の興奮しきった中でも
    勿論気付いてはいたけど、
    素人でもはっきり分かる演奏の素晴らしさ、
    きっちりした日本的なB'zのそれとは違う、
    ある意味ラフでクールなかおり。
    全員のキャラが立ち過ぎているのに
    音がケンカしていないことにまた巧さを感じる。
    ど素人の感想だけど。

    SALASのギターの音色、
    歪んでいるけど情熱的で、
    何かもうすごく好きだ。

    そして、ボーカルINABA。
    その凄さは勿論知っていたけど、
    こうやって全く新しいバンドの中に
    しかも世界的に知名度があり
    一筋縄ではいかないメンバーの中に
    自分中心ではなくポンと入って、
    全く引けをとらないあの声、パフォーマンス。
    改めて凄い人だなと思わされた。

    最初、上の部分が少し掠れる部分があったけど、
    何曲目かで完全に喉が開いたというか。
    とても3日連続公演の最終日だなんて信じられない。

    それにしても、あんなに下半身が動いていたのか…!
    不可思議かつ人間なのか疑うほど柔軟性のある動き。
    INABA/SALASはダンサブルな要素が多いだけに、
    殆どの人が埋もれてあの動きが見えなかったことが
    唯一スタンディングの惜しいところ。
    だからホールかアリーナでまたやってください。

    今回の映像の細かいディティールは多分、書かない。
    書いたら発売されなくなっちゃいそうで。

    IANBA/SALASが本当に終わっちゃいそうで。

    また帰ってきてね。
    待っています。

    じゃ、またリピートしてきまーす。
    0

      愛し愛され生きる(2/15 INABA/SALAS岡山LIVE感想)

      • 2017.02.26 Sunday
      • 15:04


      この日は私の生まれ育った街、
      岡山の会場でした。

      そしてそう、岡山県は
      稲葉さんの出身地でもある。

      発表から胃を壊すほど行きたくて、
      でも来てくれるだけで
      本当に嬉しかったんだ。
      幸運にも行けることになって、
      感謝の言葉しか出てこないです。



      クレイジーママキングダムは
      岡山駅から15分ほど歩いた
      繁華街の外れにある会場。

      寂れた、いや趣きのあるビルの
      4Fにあるんだけど、
      下の階はクラブ(おねえちゃんの方)等が
      入っている、つまり夜に輝く建物である。
      周辺もソープとか大人の街があり、
      実際治安もそんなに良くない。

      黒夢で来た時も
      凄い所にあるなーとびっくりしたけど、
      まさかここに稲葉さんのLIVEで来るとは
      考えてもみなかったよね。
      始まる前までずっと半信半疑で
      寒さとは別に震えていた。

      何なら公式がFacebookに
      『OKAYAMA』って書くだけで、
      稲葉さんが楽屋にいる写真見るだけで
      ちょっと泣いてたしなw
      始まったらどうなっちゃうんだろう…と
      自分で心配になっていた。
      まあ結果的に一回滅んだけど。
      嬉しすぎて滅ぶ。
      斬新な経験。


      以下、LIVE感想なんだけど、
      もうちょっと思い入れが強すぎて
      クソ長い上に説明過多だし信仰的だし
      その割に下品だし、
      本当ソーリー(反省しろよ)


      まあいいよって方は
      下からどうぞ!

      続きを読む >>
      0

        ハッピエストバレンタイン・イン・ベイエリア(2/14 INABA/SALAS広島LIVE感想)

        • 2017.02.25 Saturday
        • 15:46


        タイトル長いわ。

        というわけで、行ってきました
        BLUE LIVE広島。

        リアル友達にしか言ってなかったから、
        フォロワーさんに会って、
        「何でいるの!?」って
        お化けのように驚かれたw

        なんば当たった後に、
        追加公演で岡山広島が発表されて。
        やっぱりどっちかにはしぬほど行きたくて、
        奇跡的にどっちも行けることになった。

        本当に嬉しかったし
        正々堂々の自分名義なんだけど、どこかで
        誰かにすまないような気になった。
        そんな自分にまた嫌気がさしたりね。

        まあそんなウジウジ考えてたら
        かえって失礼だと思ったので、
        全力全身で味わってきました。

        全然覚えてないんだけど、
        とにかくレアなLIVEだから、
        覚えている分だけ
        書き残しておきます。

        なお、
        音楽的に高尚なレポじゃなきゃ許さない、
        聖人の如く褒め称えないと許せない、
        下ネタなんてもってのほか!
        そんな方には不向きな内容となっております。

        あと、すっげー長いよ。
        マジで無駄に長い。
        私語りは飛ばしながらでいいですw


        読んでみるかって方は
        下からどうぞ。

        続きを読む >>
        0

          それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)

          • 2017.02.02 Thursday
          • 23:34


          という訳で行ってきました。
          INABA/SALAS in Zeppなんば。

          SAYONARA RIVERが出る前までは、
          コラボって二人の共作みたいな雰囲気か、
          サラス作曲ならサラス作品みたいな感じに
          なるのかなーって想像していて。

          新曲が次々と発表されたら
          クオリティの高さとポップさ、
          何よりその新鮮な空気に
          めちゃくちゃ驚いて、
          いまやINABA/SALASの虜ですよ。

          ずーっと聴いてる。
          しかも通しで聴いてる。
          楽曲の好き嫌いが激しい私には、
          なかなかあり得ない感じ。
          飛び抜けて好きな曲はあるものの、
          どれも満遍なく好きだなーって。


          さて、ここからが本編っていうか
          覚えてません!!(お前)

          初日だし、メモなんか持ってないし
          スタンディング真ん中ら辺で
          3曲めぐらいまで完全に埋もれてたし、
          何ならずーっと踊ってたし
          終演後も同行者の友人、
          ちょーじ氏と喋りまくってたので
          終演後もTweetどころかろくにメモってないw
          なので、MC一言一句正しいとは
          間違っても思わないで下さい。

          ストイックに音楽的な感想だけ
          求めている方には
          全く不向きな内容となっております。
          B'z至上主義者にも多分辛いかも。

          いつもの重苦しさも無いです。
          楽しかったんだー!!
          ってことだけ伝える感想文となります。
          需要どこだw


          それでも良ければ下からどうぞ。


          続きを読む >>
          0

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            selected entries

            categories



            ついった

            archives

            recent comment

            • 世界観ハンパない(サカナクションLIVE感想170528広島)
              eri (06/18)
            • 「可愛い」という感情で涙が出ることはありますか(安室奈美恵LIVE感想170427広島)
              繭香 (05/08)
            • 「可愛い」という感情で涙が出ることはありますか(安室奈美恵LIVE感想170427広島)
              tomo (04/30)
            • INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” WOWOW放送
              繭香 (04/16)
            • INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” WOWOW放送
              シー (04/13)
            • INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” WOWOW放送
              繭香 (04/09)
            • INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” WOWOW放送
              さくらんぼ (03/26)
            • 愛し愛され生きる(2/15 INABA/SALAS岡山LIVE感想)
              繭香 (03/05)
            • 愛し愛され生きる(2/15 INABA/SALAS岡山LIVE感想)
              さくらんぼ (02/26)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              繭香 (02/12)

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM