INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” WOWOW放送

  • 2017.03.26 Sunday
  • 14:07


ちなみに本編感想はこちら。

想像以上に映像"作品"になっていて、
撮って出しかな?と予想していたので
ありがたさしかなかった。

相変わらず下半身からの容赦ないナメ
歌詞に合わせて実像ではなくシルエットを映す時点で、
B'z側のカメラマンなんだなと思ったけど。

当日の興奮しきった中でも
勿論気付いてはいたけど、
素人でもはっきり分かる演奏の素晴らしさ、
きっちりした日本的なB'zのそれとは違う、
ある意味ラフでクールなかおり。
全員のキャラが立ち過ぎているのに
音がケンカしていないことにまた巧さを感じる。
ど素人の感想だけど。

SALASのギターの音色、
歪んでいるけど情熱的で、
何かもうすごく好きだ。

そして、ボーカルINABA。
その凄さは勿論知っていたけど、
こうやって全く新しいバンドの中に
しかも世界的に知名度があり
一筋縄ではいかないメンバーの中に
自分中心ではなくポンと入って、
全く引けをとらないあの声、パフォーマンス。
改めて凄い人だなと思わされた。

最初、上の部分が少し掠れる部分があったけど、
何曲目かで完全に喉が開いたというか。
とても3日連続公演の最終日だなんて信じられない。

それにしても、あんなに下半身が動いていたのか…!
不可思議かつ人間なのか疑うほど柔軟性のある動き。
INABA/SALASはダンサブルな要素が多いだけに、
殆どの人が埋もれてあの動きが見えなかったことが
唯一スタンディングの惜しいところ。
だからホールかアリーナでまたやってください。

今回の映像の細かいディティールは多分、書かない。
書いたら発売されなくなっちゃいそうで。

IANBA/SALASが本当に終わっちゃいそうで。

また帰ってきてね。
待っています。

じゃ、またリピートしてきまーす。
0

    愛し愛され生きる(2/15 INABA/SALAS岡山LIVE感想)

    • 2017.02.26 Sunday
    • 15:04


    この日は私の生まれ育った街、
    岡山の会場でした。

    そしてそう、岡山県は
    稲葉さんの出身地でもある。

    発表から胃を壊すほど行きたくて、
    でも来てくれるだけで
    本当に嬉しかったんだ。
    幸運にも行けることになって、
    感謝の言葉しか出てこないです。



    クレイジーママキングダムは
    岡山駅から15分ほど歩いた
    繁華街の外れにある会場。

    寂れた、いや趣きのあるビルの
    4Fにあるんだけど、
    下の階はクラブ(おねえちゃんの方)等が
    入っている、つまり夜に輝く建物である。
    周辺もソープとか大人の街があり、
    実際治安もそんなに良くない。

    黒夢で来た時も
    凄い所にあるなーとびっくりしたけど、
    まさかここに稲葉さんのLIVEで来るとは
    考えてもみなかったよね。
    始まる前までずっと半信半疑で
    寒さとは別に震えていた。

    何なら公式がFacebookに
    『OKAYAMA』って書くだけで、
    稲葉さんが楽屋にいる写真見るだけで
    ちょっと泣いてたしなw
    始まったらどうなっちゃうんだろう…と
    自分で心配になっていた。
    まあ結果的に一回滅んだけど。
    嬉しすぎて滅ぶ。
    斬新な経験。


    以下、LIVE感想なんだけど、
    もうちょっと思い入れが強すぎて
    クソ長い上に説明過多だし信仰的だし
    その割に下品だし、
    本当ソーリー(反省しろよ)


    まあいいよって方は
    下からどうぞ!

    続きを読む >>
    0

      ハッピエストバレンタイン・イン・ベイエリア(2/14 INABA/SALAS広島LIVE感想)

      • 2017.02.25 Saturday
      • 15:46


      タイトル長いわ。

      というわけで、行ってきました
      BLUE LIVE広島。

      リアル友達にしか言ってなかったから、
      フォロワーさんに会って、
      「何でいるの!?」って
      お化けのように驚かれたw

      なんば当たった後に、
      追加公演で岡山広島が発表されて。
      やっぱりどっちかにはしぬほど行きたくて、
      奇跡的にどっちも行けることになった。

      本当に嬉しかったし
      正々堂々の自分名義なんだけど、どこかで
      誰かにすまないような気になった。
      そんな自分にまた嫌気がさしたりね。

      まあそんなウジウジ考えてたら
      かえって失礼だと思ったので、
      全力全身で味わってきました。

      全然覚えてないんだけど、
      とにかくレアなLIVEだから、
      覚えている分だけ
      書き残しておきます。

      なお、
      音楽的に高尚なレポじゃなきゃ許さない、
      聖人の如く褒め称えないと許せない、
      下ネタなんてもってのほか!
      そんな方には不向きな内容となっております。

      あと、すっげー長いよ。
      マジで無駄に長い。
      私語りは飛ばしながらでいいですw


      読んでみるかって方は
      下からどうぞ。

      続きを読む >>
      0

        それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)

        • 2017.02.02 Thursday
        • 23:34


        という訳で行ってきました。
        INABA/SALAS in Zeppなんば。

        SAYONARA RIVERが出る前までは、
        コラボって二人の共作みたいな雰囲気か、
        サラス作曲ならサラス作品みたいな感じに
        なるのかなーって想像していて。

        新曲が次々と発表されたら
        クオリティの高さとポップさ、
        何よりその新鮮な空気に
        めちゃくちゃ驚いて、
        いまやINABA/SALASの虜ですよ。

        ずーっと聴いてる。
        しかも通しで聴いてる。
        楽曲の好き嫌いが激しい私には、
        なかなかあり得ない感じ。
        飛び抜けて好きな曲はあるものの、
        どれも満遍なく好きだなーって。


        さて、ここからが本編っていうか
        覚えてません!!(お前)

        初日だし、メモなんか持ってないし
        スタンディング真ん中ら辺で
        3曲めぐらいまで完全に埋もれてたし、
        何ならずーっと踊ってたし
        終演後も同行者の友人、
        ちょーじ氏と喋りまくってたので
        終演後もTweetどころかろくにメモってないw
        なので、MC一言一句正しいとは
        間違っても思わないで下さい。

        ストイックに音楽的な感想だけ
        求めている方には
        全く不向きな内容となっております。
        B'z至上主義者にも多分辛いかも。

        いつもの重苦しさも無いです。
        楽しかったんだー!!
        ってことだけ伝える感想文となります。
        需要どこだw


        それでも良ければ下からどうぞ。


        続きを読む >>
        0

          シラセ

          • 2017.01.22 Sunday
          • 18:00

          眠れず、ぼんやりと佇む
          窓の開いた部屋。
          カーテンが揺れる。

          『何もない朝』に
          優しい陽射しと風が
          不意に何かを運んできた。


          これは淡いゆめなの?

          話したいこと 山ほどある
          でもいつでも 気づくのが遅い



          自分をせめる気持ちに、
          ふわりと降ってくる声。


          透き通る あなたの声だけが
          闇をつきぬけて
          こわれそうな心を
          鎮めてくれるよ

          (『あなたの声だけがこの胸震わす』)


          大人になると、
          悔やみ、悲しみ、辛い気持ちまで
          隠して生きていかなきゃいけなくて。

          そしてひとりになった時、
          不意に襲ってくる苦しみに
          潰されそうになる。

          だけど美しい思い出と、
          そして、きっと、
          大切だった『その人』自身が
          包み込んでくれる。


          これからはずっと一緒


          どこまでも伸びる美しい声が、
          まるで親を呼ぶ子供のような
          ストレートな叫びで、
          心を強く締め付けられる。


          そうだね、いつも一緒にいられるんだ。
          もう離れることはない。


          幼い子供の泣き声を聴いたような、
          聖なる祈りを見たような、
          そんな気持ちになる曲です。


          INABA/SALAS 『シラセ』


          0

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            selected entries

            categories



            ついった

            archives

            recent comment

            • INABA / SALAS “CHUBBY GROOVE TOUR 2017” WOWOW放送
              さくらんぼ (03/26)
            • 愛し愛され生きる(2/15 INABA/SALAS岡山LIVE感想)
              繭香 (03/05)
            • 愛し愛され生きる(2/15 INABA/SALAS岡山LIVE感想)
              さくらんぼ (02/26)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              繭香 (02/12)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              れい (02/11)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              繭香 (02/05)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              繭香 (02/05)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              繭香 (02/05)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              eri (02/04)
            • それはまるで初体験のような(1/26 INABA/SALAS大阪LIVE感想)
              さくらんぼ (02/03)

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM